生命保険の相談相手探し POXI ポクシィ
トップ生命保険選び保険new保険比較医療保険学資保険自動車保険保険マニア保険教えて保険相談会保険コラム保険相談相手保険プロ保険ショップ
poxi.jp
女性専用保険 オリックス生命の資料請求
三井生命資料請求 必要保障額シミュレーション
*
トップページへ

生命保険の選び方…誰に相談する?


                保険選びにはふたつの方法があります。
                生命保険選びは「相談相手選び」です。
                安いは安い、高いは高い。セカンドオピニオンを。
                「相談相手を吟味する」「ちゃんとカネを払う」
                保険の相談相手探し…
                                


保険選びにはふたつの方法があります。

さて、保険選びにはふたつの方法があります。

保険選び…ひとつ目の道

「保険なんてみな同じ」・・・と思っているから、偶然身近にいる保険営業マンに設計書によく分からないまま他と比較しないまま契約した。
         
…悩まずに、余計な時間もかけずに、契約ができて、よかったですね。
でもその保険で本当に大丈夫ですか。もし心配になったら当サイトをお読みいただき、見直しの相談相手を探してください。


保険選び…二つ目の道

「どの保険が有利なのか。損をしたくない。自分には何かいいのか」・・・と思い、ネットで保険を調べたらこのサイトにきてしまった。
         
…かわいそうに。大変な道を歩き始めてしまいましたね。あなたがこれから歩む道はおおむね次の道筋です。でもこれは必要な道筋なのです。その結果として後悔しないぴったりな保険に出会えるでしょう。
         

保険選び二つ目の道…を選んだ人のこれからの道筋予測

1.まず保険のパンフレットをたくさん取り寄せます。(必要なことです)

2.それらパンフレットに囲まれて頭の中がグチャグチャになります。(仕方ないことです)

3.大切なのは保険商品ではなく自分に必要な保障が何なのかだと、やっと気づきます。(最初の峠を越えました)

4.そこで自分に必要な保障について考えます。(難しいことです)

5.またしても頭の中がグチャグチャになって疲労困憊します。(ご苦労様)

6.こりゃプロに相談するしかないと気が付きます。(やっとです)

「保険選び」は「相談相手選び」が大切です。




生命保険選びは「相談相手選び」です。

「保険選び」は「相談相手選び」です。

 どのような保障にするのか、どのような保険を選ぶのかは、とても難しいことです。通信販売商品や共済などの商品パンフレットを取り寄せて、必要な知識や保険の相場観をうることは必要不可欠です。

 しかし、保険の組み立てはやさしくありません。それは人生のリスクを考えること、家族の安心を組み立てるという、大きな問題だからです。最後は、保険においては保険商品選びよりも保険の相談相手を選ぶことが大切です。

 だれに相談したかでいい保険プランが組めるか失敗するかが決まってしまいます。

 相談相手は相性の合う人で信頼のできる人を探しましょう。いくら知識が広く深くとも相性が合わない人に相談してはうまくいきません。このページでその相談相手を探してください。

 まず同郷の人や同窓の人やかつて同じ会社に勤めた人を探せるようになっています。検索を使って同じ趣味の人を探すことも可能です。




安いは安い、高いは高い。セカンドオピニオンを。


 生命保険に関する検索をなさってこのウェッブサイトにたどり着いたのだと思います。「こんな商品でいいの?」「もっと安い商品はないの?」「ネット通販商品は?」

 様々な考え方があります。ネット通販の定期保険(いわゆる掛け捨て保険)は、大手生保の保険に比べ2-3割も安いことがあります。経費がかからないから当然です。「私にはどの保険がいいの?」といった相談にも応じてくれません。だから安いのです。

 生命保険は「相談相手」や「コンサルティング」が必要な商品です。割安な通販商品を使いこなすにはその前提としてどんなリスクに対してどのような保障が必要かという認識がなくてはいけません。それは誰かに相談しなくてはなかなか分らないことです。

 ネット上で保険のことを検索なさって調べると分るはずですが、必要な保障は人により考え方により全くちがいますし、保険商品も複雑なものが多くなっています。「安さ」だけで保険商品にとびつくと大きな後悔にもつながります。「事故死亡だけが保障対象で、病気死亡は対象外だった。」「寝たきりになったのになんの保障もついてない。」「途中で保険料がアップするなんて知らなかった。」

ネット上でも生命保険に関する様々な情報が提供されていますので役立てたらいいでしょう。しかし最後には「相談相手」や「コンサルティング」が必要になります。そんな時にはこの「相談相手探し」のウェッブサイトで相談相手を探してください。

 「保険選び」は「保険商品選び」よりも「相談相手選び」の方が重要なのです。「どの商品」よりも「誰に」なのです。まず、これと思った人に気楽にメールして見ましょう。

 忘れてならないのは「セカンドオピニオン」「相見積もり」です。一人からの相談結果や一つの保険設計書がベストとは限りません。別の二つ目の意見「セカンドオピニオン」「I相見積もり」を誰かにもらいましょう。

 高額な商品です。保険料月額20000円で30年契約なら720万円になる大きなお買い物なのです。だから「他の人に相談なんかしちゃ、あの人に悪いよ」なんて思う必要はありません。住宅や車を購入するときは比較して当然でしょう。金額的にはこれせと同じぐらいになるのが生命保険です。




「相談相手を吟味する」「ちゃんとカネを払う」

 「相談相手を吟味する」ことと「ちゃんとカネを払う」ことが大切です。

 「相談相手を吟味する」とは「行き当たりバッタリで契約を進めない」し「別の相談相手の意見もきく」ということです。勉強好きの相性のあう相手を見つけることです。キャリアの長短より「一所懸命度」が重要に思えます。

 「ちゃんとカネを払う」とは「安い保険ではなくちゃんと相談相手の人件費の組み込まれた高い保険料の保険でも仕方がないと考える」あるいは「専門のコンサルタントにカネを払って相談する」ということ、でなければ「自分で時間をかけて勉強する?これは自分の時間を使うということでカネを払っているのと同じ。その時間を外で働けば給料がもらえますから。」です。

 生命保険の場合には、格安通信販売定期保険等は単純なものが一般的です。「要介護とか一定の疾病になったら保険料免除」といった組み立てができないという現実もあります。(保険料免除特約がついていればそれだけ保険料が高くなりますので無条件に望ましいというのではありません。フトコロと相談です。それに、いざというときの免除基準も吟味しないといけません。)




保険の相談相手探し…FPと保険プロ

 しかし相性のあいそうな相談相手はなかなかいません。そこでこのサイトでは保険の相談相手を探せるコーナーを用意しています。まずはメールで…。

 メールの対応がよくなければそれで終わりにすればいいのです。気楽に相談したり、見積もりをお願いしたり、セカンドオピニオンを依頼してみてください。



保険の相談相手探し…ポクシィ poxi.jp  (当サイト)


教えて保険ネット



 なお登録内容は登録者の自己申告です。以下は登録者による登録をそのまま公開するもので内容確認をしていません。この点を了承いただき自己の責任においてご利用ください。

 


*
運営会社利用規約プラバシポリシー
このサイトに掲載の文章及び画像などを無断で使用することを禁じます。
poxi.jp